ENGLISH

入社動機は何ですか

2008年入社 設計の先輩

ものをつくることが好きで、そのカギを握る仕事は設計であるという思いを持っていました。ですから、会社探しにおいて、まずは設計をめざすというのは私にとっての大切な軸だったと思います。大同プラント工業は、自社で製品を持っていることに強みがあると感じました。加えて大同特殊鋼のグループ会社であることから、財務基盤も確かであると思い、働く上での安心感が得られるのではないかと考え、選ばせていただいています。また、細かなことを申せば、転勤が少ないことと、自宅から通いやすいところに会社があるというのも選んだ理由でした。

2016年入社 設計の先輩

大学内で開かれた企業説明会で大同プラントのことを知ったのですが、最初は「大同特殊鋼のグループ会社」という認識しか持ちませんでした。しかし、話をよく聞いてみると、製品を量産する会社ではなく、各お客様の要望に合わせた特殊な生産設備をイチからつくっていることがわかり、モノづくりに対するこだわりを持った会社なのだと理解。設計志望だった私にとって、こだわりのモノづくりができる環境があることは魅力的でした。また、グローバル企業のグループ会社ということで、福利厚生の充実ぶりも入社意欲を高めた要因になっています。

2008年入社 企画管理の先輩

女性が輝く日本をつくり上げるために、国は女性の社会進出を後押ししています。私自身も男性と同じように第一線で活躍し、定年までしっかり務めたいという思いを持ち続けてきました。ですから、まず女性が活躍できる場が設けられていることが会社選びの優先事項に。そして、子どもと多くの時間が一緒に過ごせるよう、休日についてもしっかり確保できる体制であることも譲れない条件でした。大同プラント工業は以上の条件を満たしていたので、安心して勤められると思いましたし、今まで培ったスキルを活かせる仕事につけることも好印象でした。

2010年入社 営業の先輩

自動車や二輪車は数多くの部品から成っているのはご存じかもしれませんが、私はその部品をつくる起点の段階に大同プラント工業の設備が用いられていることに関心を持ちました。もともと機械設備の会社に就職したいという気持ちもあったので、関心を持ってからはすぐに大同プラント工業にアプローチし、選考試験を受けました。