ENGLISH

2016年入社 設計の先輩

ON ビシッと決めるON ビシッと決める

ミスのない図面こそが
炉の出来を左右する

稲垣 智也

2016年入社 設計部

入社動機は何ですか?

大学内で開かれた企業説明会で大同プラントのことを知ったのですが、最初は「大同特殊鋼のグループ会社」という認識しか持ちませんでした。しかし、話をよく聞いてみると、製品を量産する会社ではなく、各お客様の要望に合わせた特殊な生産設備をイチからつくっていることがわかり、モノづくりに対するこだわりを持った会社なのだと理解。設計志望だった私にとって、こだわりのモノづくりができる環境があることは魅力的でした。また、グローバル企業のグループ会社ということで、福利厚生の充実ぶりも入社意欲を高めた要因になっています。

現在の仕事内容について教えてください

設計部は、その名の通り工業炉の設計を行う部署。私は仕様が決まった工業炉の図面作成を行っています。どれだけ無駄のない形状にできるか、製造現場がいかに効率的につくることができるかなどを突き詰めて図面を描き起こし、最終的にお客様の要望を満たした高性能な炉をカタチにしていく。これが設計者の理想的な仕事です。なお、私たちが供給した工業炉は、自動車のギアをはじめとする各種部品の機械的品質の向上に役立っています。

仕事の楽しさやこだわりについて教えてください

図面は、外部の設計会社の協力を得て作成されます。協力を依頼する際は、こちらが思い描いている完成形のイメージをしっかり共有することが大切。また、進捗を気にしつつ、問いかけられる疑問をその都度クリアにしていくことも忘れてはなりません。依頼者であるこちらの管理能力次第で、図面の質は大きく変わってしまうのです。図面を修正するのは簡単でも、実際につくられたモノの修正は人件費も材料費もかかってしまうので、上流工程である図面作成でミスをどれだけ防げるかが、よい炉をつくるためのカギになります。イメージ通りの図面が完成し、その後の製造工程もスムーズに進んで炉が完成した時は、達成感で胸が満たされます。

今後の目標をお願いします

現在は、すでに仕様が決まった炉を設計するという業務をしていますが、将来的には設計の初期フェーズ、例えば炉の基本設計などから関わってみたいです。そのためには、知識の習得が不可欠。設計の世界は奥深く、現時点では知識がまだまだ足りていません。ですから、もっと設計経験を積み、関連知識を頭に入れていくことに力を入れたいと思います。

OFF 明日への活力OFF 明日への活力

平日は仕事終わりに空手道場へ

大学時代にゴルフを始めてから、それがすっかり趣味になりました。平日は家でゆっくり過ごすことも多いですが、気分転換を兼ねて練習に出かけることもあります。また、休日は時々先輩と一緒にコースに出ますね。実は以前、会社主催のコンペがあり、ここ一番で練習の成果が発揮され、何と優勝してしまいました。